rakuen工房
rakuen工房へ

ポチッと応援ヨロシクね黒ハート
banner_02.gif にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

2007年03月11日

赤米の栄養

赤米は野生稲の大部分が赤米であることから、
米のルーツであり、赤飯の起源と考えられています。

奈良時代の「尾張国正税帳」には、
赤米を酒の料として皇室へ納めたとされています。
「枕草子」には「男の片手に甚赤き穂の・・・」とあり、
鎌倉時代には大唐米、大唐法師と呼ばれる赤米が
中国から渡来し広く栽培されました。
江戸の井原西鶴の書物にも「赤米」は多く登場しています。
薩摩藩では田んぼの50%も赤米が作られていたそうです。
明治に入ると赤米は雑草と考えられ国を挙げて
赤米駆除運動が始まり、岡山県の総社の国司神社、
対馬の多久頭神社、種子島の宝満神社は
遠い昔から現在まで連綿と赤米を守り続けてきたと
言われています。

栄養効果は
玄米の色が赤褐色で果皮、種皮の部分に赤色色素(タンニン系)を含んだ米です。
5分づきにすると薄紅色になり、糠を全て取り除くと
白米になります。

栄養成分は現代の白米と比べ、タンバク質やビタミン、
ミネラルが多く含まれています。

穂が実ってくる頃はとても綺麗な光景に出会えます。
タグ:赤米 古代米
posted by rakuen at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 古代米・赤米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。